• found MUM facebook
  • found MUM 手作りブログ
  • 手づくりアイテム
  • 手芸 趣味 レシピ 作り方
  • スペシャルコンテンツ

Haco Works 国府田清香 靴箱タイプの箱

Interieur > カルトナージュ

Haco Works 国府田清香 靴箱タイプの箱

難易度:
初級
費用:
3,000円程度
所要時間:
1時間程度
  • 携帯にURLを送る
    携帯にURLを送る
  • プリントする
    プリントする

カルトナージュ「Haco Works」のセカンドブランド、「SHOU SHOU」が提案する新しい「Haco 箱の形」。厚紙のカートンを使うと組み立てやすく、限定販売のキットなら、材料とレシピがあれば初心者の方も簡単に作れます。両側から引き出せて便利ですし、キッズサイズの靴や小物などを収納したりと様々な用途でお使いいただけます。丈夫でしっかりしていますので、何個か作って縦に重ねても。お好みで箱にリボンテープなどをアレンジしても素敵!作りかたは簡単、一つは欲しくなる便利な「Haco 箱」です。
※サイズ:高さ10×幅13.5×奥行き17.5cm

【お好みでアレンジ】
・リボン(幅4×長さ60cm)1本  [500円程度]
・内貼り用ケント紙 [300円程度]
①側面:27.6×6cm 2枚 ※11.8cmと15.8cmの位置でしっかりと折り、側面に沿わせる。
②箱中底:11.9×15.9cm 1枚 ※ケント紙は、必ず1枚ずつ一度は箱の中に入れて、サイズを調整し確認する。

限定キット、完成品、道具や材料のご購入は、画面下の【限定販売のキット、完成品のご購入はこちら】をご覧ください。

公開日:2012年8月7日
クリエイター:Haco Works 国府田清香

材料
道具
Haco Works 国府田清香 靴箱タイプの箱

作り方・楽しみ方

  • Step 1
    Step.1

    [拡大]

    はじめにカートンを切り込みに沿って軽く折りまげる。

    ※動画でわかりやすいご説明をしています。通しで見る場合と、【56】以降にケント紙で内貼りをする場合はこちら。

    Haco Works 国府田清香 靴箱タイプの箱 Step.1 動画を見る



  • Step 2
    Step.2

    [拡大]

    短い辺と長い辺の幅1cm位にハケでのりを塗る。

  • Step 3
    Step.3

    [拡大]

    補強のためにクラフトテープを貼る。クラフトテープは補強をする箇所より少し短めにカットし、つるつるした面を表に山折りして折り目を付ける。角にしっかり入るように沿わせて貼る。

  • Step 4
    Step.4

    [拡大]

    内側に入る箱を作ります。

  • Step 5
    Step.5

    [拡大]

    箱の角に1cm位の幅でのりを塗る。両側に塗っておきます。

  • Step 6
    Step.6

    [拡大]

    角を立てて、カートンの厚みに貼り合わせます。反対側も同様に、手で抑えて接着。

  • Step 7
    Step.7

    [拡大]

    【3】と同様に、角にクラフトテープを貼りつけて指でなじませます。反対側も同様にしっかりと。

  • Step 8
    Step.8

    [拡大]

    内側の箱を組み立てたところ。

  • Step 9
    Step.9

    [拡大]

    <外側の箱に布を貼る>
    布を裏面に置きます。

  • Step 10
    Step.10

    [拡大]

    布を貼る位置は、のりを貼り付けた最後の角が下にくるように置きます。端は1cm位残して、上下ののりしろは箱が中心にくる位置。

  • Step 11
    Step.11

    [拡大]

    底面にのりを塗ります。のりは最初にハケにたっぷり取って、全体に行き渡るようになじませる。

  • Step 12
    Step.12

    [拡大]

    箱を布に置いて貼ります。貼ったら一度箱を表に返して、手で撫でながら箱と布の間のしわを取り、接着面に空気が入らないように馴染ませます。

  • Step 13
    Step.13

    [拡大]

    同様にのりを塗り接着していきます。角もしっかりと貼り付けます。

  • Step 14
    Step.14

    [拡大]

    布を伸ばして整えながら、箱を転がすように順番に貼ります。

  • Step 15
    Step.15

    [拡大]

    はじめに残した1cmの布の部分は、先に布のほうにのりを塗る。

  • Step 16
    Step.16

    [拡大]

    布をしっかりと貼り付ける。

  • Step 17
    Step.17

    [拡大]

    最後の面は、布を約1cm内側に折り込み、整えながら貼る位置を確認します。
    ※布を箱の角ぎりぎりに折ると仕上がりが綺麗です。

  • Step 18
    Step.18

    [拡大]

    山折りした部分の内側にのりを塗る。

  • Step 19
    Step.19

    [拡大]

    布を貼り合わせる。

  • Step 20
    Step.20

    [拡大]

    布を箱に沿わせて位置を決め、箱全体にのりを塗る。

  • Step 21
    Step.21

    [拡大]

    のりしろの処理をします。最後の面は布が二重になり厚みが出るので、重なった内側の2枚を切り取ります。

  • Step 22
    Step.22

    [拡大]

    箱に対して垂直にハサミを入れます。

  • Step 23
    Step.23

    [拡大]

    箱の角に沿って切ります。

  • Step 24
    Step.24

    [拡大]

    同じように箱に対して垂直に切り込みを入れます。

  • Step 25
    Step.25

    [拡大]

    箱の紙の角に沿って切ります。

  • Step 26
    Step.26

    [拡大]

    布がシングルになると、厚みがなく均等に仕上がります。

  • Step 27
    Step.27

    [拡大]

    他の3辺の角は、箱の5mm手前まで布を切る。

  • Step 28
    Step.28

    [拡大]

    布を内側に貼っていきます。まずは短い辺の箱側にのりを塗る。布の幅から少しはみ出るくらいが目安。

  • Step 29
    Step.29

    [拡大]

    布を内側に折り込んで貼る。反対側も同様に。

  • Step 30
    Step.30

    [拡大]

    次に広い辺を折る。布が少し重なるので、布が重なる部分に先にのりを塗り、内側に折り込んでから貼り付ける。反対側も同様に行う。

  • Step 31
    Step.31

    [拡大]

    <内側の箱に布を貼る>
    布を裏面に置きます。

  • Step 32
    Step.32

    [拡大]

    布を貼る位置を決めます。のりしろは、端1cm、下側も1cm位あける。
    ※上側のほうが少し長くなります。

  • Step 33
    Step.33

    [拡大]

    箱の側面の、面積の広い部分にのりを塗る。全体にまんべんなく行き渡るようになじませる。

  • Step 34
    Step.34

    [拡大]

    【14】~【23】を参考に、箱にのりを塗って転がしながら布を貼る。
    ※最後の面は、布の端を山折りにして、整えながら貼る位置を確認します。

  • Step 35
    Step.35

    [拡大]

    最後の面は布が二重になっているため、内側2枚の布を綺麗にカットする。写真のように垂直にハサミを入れる。

  • Step 36
    Step.36

    [拡大]

    1枚ずついらない部分を切り取ります。

  • Step 37
    Step.37

    [拡大]

    布が重なった部分を切り取りました。

  • Step 38
    Step.38

    [拡大]

    布の幅の分だけのりを塗る。

  • Step 39
    Step.39

    [拡大]

    短い辺から布を貼り付けます。

  • Step 40
    Step.40

    [拡大]

    反対側も同様に貼り付けます。
    ※箱と布の角まできっちり張り合わせる。

  • Step 41
    Step.41

    [拡大]

    長い辺も同様に、布の幅の分だけのりを塗る。

  • Step 42
    Step.42

    [拡大]

    反対側も同様に貼り付けます。

  • Step 43
    Step.43

    [拡大]

    箱を表に返して、布が二重に重なる部分を、箱に対して垂直に切り取ります。
    ※【21】~【26】を参考にしてください。

  • Step 44
    Step.44

    [拡大]

    箱の5mm手前まで、箱に対して垂直に切り込みを入れる。他の3カ所も同様に行う。

  • Step 45
    Step.45

    [拡大]

    取って部分は、凹みの角2mm手前まで垂直に切り込みを入れる。反対側も同様に行う。

  • Step 46
    Step.46

    [拡大]

    箱を表に返して、切り込みを入れた所を箱から1.5cm程残して切る。

  • Step 47
    Step.47

    [拡大]

    切り落とした布は、三角形にカットして2枚作っておきます。

  • Step 48
    Step.48

    [拡大]

    長い辺の2ヵ所にのりを塗ります。

  • Step 49
    Step.49

    [拡大]

    布を内側に閉じていく。

  • Step 50
    Step.50

    [拡大]

    【48】で切り落とした三角の布は、箱の下地が見えないように写真の位置に貼ります。

  • Step 51
    Step.51

    [拡大]

    三角の上からのりを塗り、へこみの部分を内側に折り込む。

  • Step 52
    Step.52

    [拡大]

    箱の内側と布にものりを塗り、布が側面と重ならないように、内側に三角に折り込み、そのまま箱に対して垂直に折り込みます。

  • Step 53
    Step.53

    [拡大]

    形を整えながら張り合わせます。反対側も同様に行います。

  • Step 54
    Step.54

    [拡大]

    折りたたむと三角に布が余るので、その部分にものりを付けて内側に貼る。

  • Step 55
    Step.55

    [拡大]

    残り3カ所も同様に処理する。

  • Step 56
    Step.56

    [拡大]

    内側の箱に布を張ったところ。

  • Step 57
    Step.57

    [拡大]

    箱の底辺にしっかりとのりを塗ります。布側にも少し塗っておきます。

  • Step 58
    Step.58

    [拡大]

    底面に布を貼り付けて、手で馴染ませます。

  • Step 59
    Step.59

    [拡大]

    <内側にリボンテープをあしらう>
    幅4cm×長さ60cmのリボンテープを用意する。※リボンは別売りです。

  • Step 60
    Step.60

    [拡大]

    リボンを貼る位置を決めて、箱の内側にのりを塗る。
    ※のりは少量でよい。多く塗るとリボンからはみ出るので注意。

  • Step 61
    Step.61

    [拡大]

    内側にぐるっと一周リボンを軽く貼り付ける。

  • Step 62
    Step.62

    [拡大]

    一度、外側から離れて見ます。取っ手部分からリボンが1mm程出ていると綺麗です。

  • Step 63
    Step.63

    [拡大]

    外側と内側の箱が出来ました。

  • Step 64
    Step.64

    [拡大]

    引き出しを入れてスムーズに動くかを確認します。

  • Step 65
    Step.65

    [拡大]

    完成!

趣味を探すに戻る Interieur一覧に戻る

収納としての箱の使い方

靴箱にもなる実用的なインテリア。アレンジとして箱にリボンを飾り付けました。キッズサイズの靴を収納できます。(箱のサイズ:高さ/10cm 幅/13.5cm 奥行き/17.5cm) ※写真の靴とリボンは別売りです。
携帯電話を充電する際にも便利。電話機本体を箱の中にしまってコードを持ち手から出せば、充電中とは気付かれることなくスマートに充電ができます。

インテリアとしての箱

丈夫でしっかりしていますので、縦に重ねても型崩れせず使い勝手も便利です。同じ柄もしくは異なる柄の組み合わせで、豊富なアレンジができます。
さらに大きな箱の中に小さな箱を入れたり、キッズサイズの箱を横にして2つ入れるなど楽しめます。

【リボンのご購入はこちら】

【限定キットA】のリバティファブリックにあわせるリボンをセットでご購入いただけます。ワークショップで使用したものと同様になります。素材はやわらかいグログラン。1m以上1m単位で販売します。

・サイズ:幅約40mm
・材質:レーヨン100%
・日本製

●木馬 グログランリボン 40mm エンジ
【限定キットB】ソレイアード プティット・フルール・デ・シャン ベージュ地にあわせるリボンのご購入はこちらから。

●木馬 グログランリボン 40mm 黄土色

【限定キットC】ソレイアード ラ・フルール・ドゥ・モーサンヌ ブラウン地にあわせるリボンのご購入はこちらから。

●木馬 グログランリボン 40mm ブラウン

クリエイター

国府田清香
国府田清香
Haco Works主宰。旅行で訪れたパリでカルトナージュと出逢い、技術を習得。その後、オリジナルのインテリアとして使える箱Haco Works[箱ワークス]を考案。フランスの伝統的なカルトナージュの技法をもとに作られた「haco=箱」を活かし、実用的でファッショナブル、そしてインテリアとしてコーディネートする使い方、ライフスタイルを提案している。
●Haco Works
Haco Works Cartonnage 布で楽しむ箱作り(2冊セット)
Haco Works Cartonnage 布で楽しむ箱作り(2冊セット)
著者:国府田清香 マガジンランド

「Rose:ローズ」「Vert:ヴェール」
インテリアとして日常でお使いいただけるおしゃれな箱の作り方を掲載。レベル1からレベル3まで30作品、他応用編も掲載。その他布の選び方、デザインについてもご案内しております。初心者の方から上級者の方まで全カラー写真での説明付きなので、どなたでもお作りいただけるカルトナージュのテキストです。



カテゴリーから探す

Articles(アルティークル)おしゃれコモノ

Cuisine(キュイジーン)おいしいキッチン

Interieur (インテリョール)インテリア雑貨

Plantes(プラント)緑のある暮らし

Facon(ファソーン)素敵な着こなし

Ecologie(エコロジー)エコスタイル

Beaute(ボテー)キレイ時間

Energie(エネルジー)元気な毎日

ページの先頭へ