• found MUM facebook
  • found MUM 手作りブログ
  • 手づくりアイテム
  • 手芸 趣味 レシピ 作り方
  • スペシャルコンテンツ

手作り基礎classe(パッチワーク編) ~ティーマット~

Interieur > パッチワーク

手作り基礎classe(パッチワーク編) ~ティーマット~

難易度:
入門
費用:
1,500円程度
所要時間:
1日程度
  • 携帯にURLを送る
    携帯にURLを送る
  • プリントする
    プリントする

パリの街をマップにした布地を使って、パッチワークでかわいいティーマットを作りましょう。エッフェル塔や凱旋門、カフェなどパリの人気スポットを所々に配置して、散歩をしているような気分でチクチク縫ってみませんか。四角つなぎですからどなたでもチャレンジできます。小さな額として飾っても素敵です。さあ、楽しいパリのお散歩に出かけましょう。

公開日:2012年1月25日
クリエイター:ユザワヤ芸術学院講師 富嶋美津子

材料
 (1枚)
  • ドミット芯20×26cm [504円/1パック]
  • 生地(四角柄)幅110×50cm [1,480円/1m]
  • 生地(ボタン柄)約30×30cm [1,260円/1m]
  • 生地(パリの街柄)幅110×60cm [1,260円/1m]
  • 工作用紙1枚 [52円/1枚]
  • トレーシングペーパー2枚 [1,207円/20枚]
道具
手作り基礎classe(パッチワーク編) ~ティーマット~

作り方・楽しみ方

  • Step 1
    Step.1

    [拡大]

    【型紙を作る】
    (1)工作用紙などに型紙を描く。寸法と直角は正確に。
    (2)写真(小)は型紙を描いたところ。

  • Step 2
    Step.2

    [拡大]

    (3)厚手のトレーシングペーパーをStep【1】の型紙の上にのせ、型紙を写す。
    (4)写真(小)は型紙を写し終えたところ。
    ※布を裁断する時に図柄を選ぶため、布が見えるトレーシングペーパーで写す。

  • Step 3
    Step.3

    [拡大]

    (5)トレーシングペーパーに縫い代を7mmつけていく。
    (6)縫い代をつけ終わったところ。

  • Step 4
    Step.4

    [拡大]

    (7)工作用紙の型紙を切る。
    (8)トレーシングペーパーの縫い代つきの型紙も切る。
    (9)型紙がすべて完成。

  • Step 5
    Step.5

    [拡大]

    【布を裁断する】
    (1)トレーシングペーパーの型紙を使い、好きな柄を選び、布地の裏側に型紙を写す。

  • Step 6
    Step.6

    [拡大]

    (2)工作用紙の型紙を使って、出来上がり線(縫う位置)を入れる。

  • Step 7
    Step.7

    [拡大]

    (3)布に印をつけたところ。

  • Step 8
    Step.8

    [拡大]

    (4)Step【5】~【7】と同様に、図柄を選んで印をつける。
    (5)外側の線で、はさみで切り取る。

  • Step 9
    Step.9

    [拡大]

    (6)主なパーツを裁断したところ。

  • Step 10
    Step.10

    [拡大]

    【小さい四角を縫い合わせる】
    (1)小さい四角を2枚縫う。印に待ち針を打つ。

  • Step 11
    Step.11

    [拡大]

    (2)印から印までを縫う。糸は1本どりで玉どめし、最初は1針返し針をする。
    (3)線の上をずれないように印まで縫う。

  • Step 12
    Step.12

    [拡大]

    (4)印の位置で玉どめをする。
    ※玉どめ:縫い終わりの位置で、針に糸を2~3回巻きつける。糸を巻いたところがゆるまないように針を抜く。

  • Step 13
    Step.13

    [拡大]

    (5)2枚つないだものを2組作る。
    (6)縫い代は2枚一緒に片方に倒す。このとき、縫い代を倒す向きがお互いに逆になるようにする。

  • Step 14
    Step.14

    [拡大]

    (7)印に待ち針を打つ。真ん中がずれないように気をつける。

  • Step 15
    Step.15

    [拡大]

    (8)印から印までを縫う。倒した縫い代も一緒に縫う。

  • Step 16
    Step.16

    [拡大]

    (9)小さな四角4枚をつなぎ合わせたところ。

  • Step 17
    Step.17

    [拡大]

    (10)裏からアイロンをかける。風車のように縫い代を追いかけながら倒す。

  • Step 18
    Step.18

    [拡大]

    (11)アイロンで縫い代を倒したところ。
    ※小さい四角は3組とも同様に縫う。

  • Step 19
    Step.19

    [拡大]

    【小さい四角と大きい四角を縫う】
    (1)図柄の配置を考えて、縫い合わせる。

  • Step 20
    Step.20

    [拡大]

    (2)大きい四角とStep【16】でつなぎ合わせた4枚を縫う。

  • Step 21
    Step.21

    [拡大]

    (3)印にまち針を打ち、印から印までをずれないように縫い合わせる。小さい布の縫い代の上も一緒にそのまま縫う。

  • Step 22
    Step.22

    [拡大]

    (4)同様に残り2組もそれぞれをつなぎ合わせる。
    (5)縫い終えた3組をつなぎ合わせる。
    (6)縫い代を倒しながらアイロンをかける。縫い代は風車のように追いかけて倒す。

  • Step 23
    Step.23

    [拡大]

    【ボーダーに型紙を写す】
    (1)図柄が左右対称になるように型紙を置く。
    (2)周りに印をつける。

  • Step 24
    Step.24

    [拡大]

    (3)工作用紙の型紙をあて、出来上がり線の印をつける。
    (4)外側の線で切り取る。

  • Step 25
    Step.25

    [拡大]

    (5)裁断したところ。

  • Step 26
    Step.26

    [拡大]

    【ボーダー部分と本体をつなぎ合わせる】
    (1)配置を確認する。

  • Step 27
    Step.27

    [拡大]

    (2)ボーダーと本体の左右を印から印まで縫う。
    (3)上下も同様に縫う。
    (4)上下を縫ったらアイロンで縫い代をボーダー側に倒し、額縁の斜めの線を縫う。

  • Step 28
    Step.28

    [拡大]

    【キルト線を描く】
    (1)キルト線をチャコペンシルで本体に描く。

  • Step 29
    Step.29

    [拡大]

    (2)キルト線を引き終えたところ。

  • Step 30
    Step.30

    [拡大]

    【キルトの準備】
    (1)裏布とドミット芯をカットする。工作用紙の型紙に縫い代を7mmつけてカットする。

  • Step 31
    Step.31

    [拡大]

    (2)表布・ドミット芯・裏布を3枚一緒に合わせ、待ち針を打つ。
    (3)中心から外側にしつけをかける。

  • Step 32
    Step.32

    [拡大]

    【キルトをする(縫い始め)】
    (1)キルト用糸は1本どりで、玉どめをする。
    (2)縫い始めの位置より離れたところから針を入れる。

  • Step 33
    Step.33

    [拡大]

    (3)糸を強く引いて、玉どめを布の中に引き込む。

  • Step 34
    Step.34

    [拡大]

    (4)玉どめを引き込んだところ。

  • Step 35
    Step.35

    [拡大]

    【キルトをする】
    キルト線に沿って、キルト用糸で縫う。

  • Step 36
    Step.36

    [拡大]

    【キルトをする(縫い終わり)】
    (1)縫い終わりも玉どめをする。表に出ないよう隠すために、玉どめを作った根元に針を戻し、少し先に刺し出し、糸を引いて引き込む。
    (2)ボーダー部分は柄(スカラップ)の上に沿ってキルトをする。

  • Step 37
    Step.37

    [拡大]

    (3)キルトが終わったら、型紙をあてて印をつけ、余分なドミット芯や裏布をカットする。

  • Step 38
    Step.38

    [拡大]

    (4)余分をカットして、キルトが完成したところ。

  • Step 39
    Step.39

    [拡大]

    【バイアステープをつける】
    (1)バイアス(3.5cm幅)を裏布から取る。布地の縦・横に対して、斜め45度の線を引き、マットの周囲より少し長めに用意する。

  • Step 40
    Step.40

    [拡大]

    (2)バイアステープをはぐ。出来上がり線の位置でバイアス布を合わせて待ち針を打ち、縫い合わせる。
    ※布端同士を合わせるとずれてしまうので注意。

  • Step 41
    Step.41

    [拡大]

    (3)マットとバイアスを中表に合わせ、0.7cmの印をつけてまわりを縫う。
    ※バイアステープの布端から2cm離れたところから縫い始める。

  • Step 42
    Step.42

    [拡大]

    (4)マットの角まできたら、一旦、針を止める。

  • Step 43
    Step.43

    [拡大]

    (5)バイアス布を写真のように90度に折り曲げて、角から縫う。

  • Step 44
    Step.44

    [拡大]

    (6)1周縫い終わったら、縫い始めのバイアス布を1cm折る。
    (7)縫い終わりの方のバイアス布を重ねて、一緒に縫う。

  • Step 45
    Step.45

    [拡大]

    (8)バイアス布を裏に返す。

  • Step 46
    Step.46

    [拡大]

    (9)裏に返したら、角をきれいに織り込んで、待ち針を打つ。
    (10)裏布にバイアステープをまつる。

  • Step 47
    Step.47

    [拡大]

    (11)まつり終わったところ。

  • Step 48
    Step.48

    [拡大]

    完成。

趣味を探すに戻る Interieur一覧に戻る

印刷用図案

図案
図案
図案をご用意しております印刷用図案(PDF:129KB)
をダウンロードしてご利用下さい。

※ご使用に関しての注意は「著作権について」をご覧ください。

関連リンク

ユザワヤ
ユザワヤ
手芸用品・生地・ホビー材料専門店
●ユザワヤ

手作りホビーの総合通販サイト
●ユザワヤ楽天店
※レシピの材料が購入できます。
ユザワヤ芸術学院/ユザワヤフレンドクラブ
ユザワヤ芸術学院/ユザワヤフレンドクラブ
手作りホビーを楽しむカルチャースクール
●ユザワヤ芸術学院

手作り仲間が集まるコミュニティサイト
●ユザワヤフレンドクラブ

クリエイター

富嶋美津子さん
富嶋美津子さん
ユザワヤ芸術学院蒲田校(土曜日)パッチワーク・ハワイアンキルト講師。
パッチワークに出会ったのが33年前。
夫の勤務地のアメリカで習得し、帰国後ユザワヤ芸術学院の講師になり、26年間パッチワークの指導にあたる。
ユザワヤ芸術学院の担当講座
ユザワヤ芸術学院の担当講座
一針一針丹精込めて作り上げるパッチワークキルトには、素朴で暖かい魅力があります。草花や動物などをモチーフにしたり、何百種類にも及ぶ幾何学模様を小切れを使って表現していく方法です。それはまるで『布で描く絵』とも言えます。まず身近で使えるものから作り、アイデアでいろいろと変化をつけていきましょう。



カテゴリーから探す

Articles(アルティークル)おしゃれコモノ

Cuisine(キュイジーン)おいしいキッチン

Interieur (インテリョール)インテリア雑貨

Plantes(プラント)緑のある暮らし

Facon(ファソーン)素敵な着こなし

Ecologie(エコロジー)エコスタイル

Beaute(ボテー)キレイ時間

Energie(エネルジー)元気な毎日

ページの先頭へ