3年前の今日

私は千葉に向かう電車の中。
その日幕張で仕事の打ち合わせがありスタッフ2名を引き連れ
ぼんやり外を眺めていました。
当時私は妊娠5ヶ月。
つわりもやっと落ち着いてきた頃でした。
携帯もつながらず
一体何が起きているのかさっぱりわからない。
まさか東北であんなことになっているなんて
想像していなかった。。
これはほんとに大変なことになっているんじゃないのか。
と気づいたのは大きな揺れから1時間後
電車の中から解放され駅に降り立ったとき。
道路は波を打ち、駅前の交番は斜めに傾いていた。
地盤がゆるみ水浸し。泥に足をとられ裸足であるく人。
右往左往する人、怖くて泣くこども。
周りの見ず知らずの人に聞き状況を把握。
私の同期が宮城出身だったので
ご家族の安否がとても気になったのを覚えています。
あの日、私たち三人は
ヒッチハイクをしながら東京に戻ることができました。
一緒にいたスタッフの男の子が
「とにかく戻ろう」と。
幕張駅の避難場所が野外だったため
私の体を気遣い彼が一生懸命動いてくれました。
ほんとうにありがたかった。
今日の報道を見ていると
まだまだ傷あとは消えてないのが
まじまじと伝わってきます。
忘れちゃいけない。
まだ終わっていないんだなと。
facebookでもご紹介したのですが
福島の幼稚園では、
今なお室内でしか遊べない園児たちが沢山います。
子どもたちが元気に楽しく笑顔で遊べるよう
微々たる力しか私にはないかもしれないけど応援していこう。
そう思いました。
みんなが笑顔になりますように。
写真 のコピー
☆★☆ found MUM サイトはコチラ ☆★☆

コメントを残す